歴史・文化・緑・水を守るまちづくり
・歴史的文化財を保存、修復、改修し価値を守ります
・文化財は保護の見地からきちんと調査・顕彰し、景観計画に位置づけます
・民有の文化財は、必要に応じて所有者にアドバイスや補助をするしくみを整えます
・今ある緑を大切に! 宅地化のための樹木伐採を制限するしくみをつくり、緑地を保全します
・緑をふやそう! 緑化地域制度の導入で、緑地や地面を確保し、ヒートアイランドや都市型洪水への対策を
・公共建築物に木材を使おう! 屋敷林は切らずに守り、生産林は木づかいで守ります
・学校の改修・新築に国産の近くの木を利用し、子どもたちを木の温かみで包もう
・水辺の環境を守ろう! 神田川水系の水辺環境・生態系の保全を
・水辺を楽しもう! 親水性の整備をおこない水辺を区民の憩いの場に
環境と景観重視の持続可能なまちづくり
・利益優先から人間の生活優先へ! 子や孫の代まで住み続けられる住み良いまちをつくります
・まちのサイズやボリュームを超えた開発で壊された地域コミュニティの復活を
・容積拡大、目先の利益優先の一代限りの"焼き畑的"都市開発から、まちの歴史や文化、環境を重視し、100年後を考えたまちづくりへ転換します
地域全体で子どもの権利を守るしくみ
・子どもが主役、子どもの育つ力を見守り応援します
・子どもには守られ、遊び、学ぶ権利があることを社会に広めます
・子どもの権利条例をみんなでつくります
高齢化率20%! いくつになって病気になっても安心して暮らせるしくみ
・保健・医療・福祉の連携で地域ケアのしくみをつくります
・高齢者が働き、学び、楽しむ「いきいきネットワーク」をつくります
責任ある市民参加、市民提案ができる制度
・市民、町会、NPO、市民団体、専門家、事業者、行政も交えたラウンドテーブル(対等な協議の場)で、地域の課題解決のために協議し、提案できるしくみをつくります
・市民が力をつけ、ネットワークをつくることで、真の市民自治を実現します
 ■分担で負担を軽く、連携で心強く豊かな広がりを!
 ■議員は市民の声を議会につなぐ代弁者、大勢の声をつなぎ、議会を変えよう!
 ■政治は生活を自治するための道具、議会をウォッチし区政に参加しよう!
・市民が力をつけ、ネットワークをつくることで、真の市民自治を実現します

*