■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 2017/4/23 ■■■■■
   無所属
文京区議会議員 藤原美佐子 メールレポートNO.86
   ■■■■■■■■■■■ 4月25日 14時 建設委員会 ■■■■■

会員のみなさま宛に香川ヒサ会長からのご挨拶をお送りします。

平成29年4月23日
ご 挨 拶 と ご 報 告

会員の皆様へ
藤原みさこと文京を創る会
会長 香 川 ヒ サ

 前略
昨夏、藤原美佐子区議(以下藤原区議)は東京・生活者ネットワークの応援する都知事候補者鳥越俊太郎氏の選挙活動中に脳出血を患いました。
幸いにして迅速な手当のお陰で、右半身の麻痺、多少の言語と記憶の障害が残る程度で済みました。

人は皆、やがては老いて足腰は萎え、目はかすみその他の障害を負って生きていかなければなりません。
そこで、私たちは藤原区議を通して、この私たちが住んでいる文京区が障害を抱えた人も住みよいか、もしくはどこが住みづらいかを検証し、提言し、変えていきたいと考えました。
ところが文京・生活者ネットワーク(以下文京ネット)は去る3月24日に全体会を開き、私からの上記の提案を拒否し、「ネットは市民政治団体であるからネット代理人(議員)は政治的に全体を統括しなければならない。
いまの藤原区議ではできないだろうし、代理人を辞めていただく」旨説明がありました。
そして、藤原区議が長年活動してきた生活者ネットの会員資格も、元の無所属に戻るだけなのに、政治信条が異なる場合もありこのままではできないのではないかという疑義も呈されました。

そこで急きょ「藤原みさこと文京を創る会」(以下創る会)メンバーが集まり藤原区議を支えることになりました。
前会長若月氏はすでに鬼籍の人となられたため、私、香川が会長を引き受けることとなりましたが、従前通り会計星澤 運営スタッフ金子・岡田で行います。

事務所は藤原区議の移動の負担を軽減するため、藤原宅(西片2-8-24)に開きました。
まず、有償・無償のボランテァ等どのようにサポーしていただけるかを広くご支援を募り、まず文京区の職員をはじめシビックセンターの施設が、どれだけ優しいかを、藤原区議の体調に合わせ、ゆるゆると検証したいと考えています。

                   

草々

ページトップへ